kasukanraの記事

3DCGの大学生。トリリンガル留学生は東京で住んでいます。留学生目線で日常的に考えたこと、学んだことをブログに記録しています。

お茶

私が覚えている限り、私はいつも緑茶の誇大広告の列車に乗っていました。私が高校に通う時、友達の多くは大人になるように努力していたので、彼らは毎日コーヒーを飲んで学校に通っていました。私の高校の5分以内にコーヒーハウスがあったので、コーヒーのカジュアルも楽になりました。

とにかく、私はコーヒーを数回試してみました。そして、私はそれがうっすらと思っていました。私は問題が何だったのか分からなかった。それは、ホイップクリームやココナッツのランダムなフレークの非常識な量だったかもしれません。私の友人たちがいたいくつかの超奇妙なフレーバーがありました。だから、高校の初めの年に、私はまだこのコーヒー現象を理解しようとしていました。一度、私はなぜ人々がコーヒーを好きではないのかと尋ねていました。そして私は緑茶というこの魔法の飲み物に起こりました。私は、いつも私の母親と一緒に行ったこの店ではいつも緑茶を見ていた。ミツワと呼ばれ、オイオチャと呼ばれる緑茶のブランドがありました。

だから、一度、私はOi Ochaを買って、それが誇大宣伝の価値があるかどうかを見ました。私が初めて試したとき、私は自分自身に "これは苦いです"と思った。それは、私が濃い緑色で余分な "長い"ものだったOi Ochaのようなものを得たことが判明しました。これは、中国語の深いか苦いのかを意味します。実際には、それが本当に意味するものなのかどうかはわかりません。認知の不協和音とすべて。

私は叔母が持っていたランダムな茶葉から自分の茶葉を作り始めました。私は緑茶には本当にあなたに良いとされていた "抗酸化物質"がたくさんあることを読んでいます。今日まで、医学分野で学んだ誰かが、私はそれがどういう意味か分かりません。私が知っているのは、LEOがGERと言うことだけです。

電子の損失=酸化
電子の利得=減少

そうですね、私の教育は一種の難問でした。しかし、それは別の話です。

私は緑茶しか飲まなかった年月がありました。私が怠け者だったので、私は約4〜5ポットをあらかじめ作り、投手に入れて冷蔵庫に保管します。明らかに、これは本当に悪いことが判明しました。なぜなら、私は決して眠っている通常の時間を過ごすことができないからです。私が本当に疲れていたとしても、私は夜に目を覚まし、揺れ動いて落ち着きませんでした。

日本に来てからはまだ緑茶を飲みましたが、1日に4時間も眠るので、実際には助けてくれました。先月、私は紅茶を作りました。私はまず水を沸かしてから、熱い水を投手に入れます。この時点で、私は茶葉や袋を入れて、彼らが数分間浸すのを待つでしょう。それから私はその投手を冷やすでしょう。そして緑茶の投手を増やしてください。より多くのピッチ、もっとオカネ。

 

f:id:kasukanra:20170219105236j:plain

 

左投手(2.2L)、右投手(1.4L HARIOブランド)(私はアマゾンジャパンから両方の投手を買った)

私が緑茶の投手を終えようとしているとき、私はもっと熱いお湯を沸かして投手を満たします。この時点で、私は通常、お湯を補うために茶葉や袋を追加します。私は何かを完全に仕上げることについてこのOCDのようなものがあります。テレビシリーズやアニメシリーズのマラソンでは、最後のいくつかのエピソードを見ておきます。なぜなら、それが終わったら落ち込んでしまうからです。それは緑茶の残骸にこのコンセプトを適用するようなものです。しかし、ある日、不自然な発見で、私は沸騰した水で投手を満たした茶葉を見つけるのがとても怠惰になった。

数日後、私は自分自身に疑問を抱きました。「なぜ私は眠りにつくのですか?」それから、「ああああ、それはそれは!」と悟りました。ええ、そうではありませんでしたが、私は沸騰した水を飲んでいるだけで、緑がかったように見えました。私の不眠症を治しました。

また、数週間前、私は自分の良い友達と話していました。自分の豆を育て始める方法について。

f:id:kasukanra:20170219105507j:plain

 

Remove all ads